施設案内

くらし・しごと応援センターはるかぜ

●就労継続支援事業所(B型)はるかぜワーク

障がいや病気、体調に合わせて自分のペースで働くことができ、作業を通して役割を持ち、収入が得られます。就労の経験を積むことや人との出会いや仲間づくりの機会を提供します。また、安心に働き続けられるよう生活全般についての相談支援を行います。

●就労移行支援事業所なないろワーク

ビジネスマナーや施設内作業・職場実習・余暇・健康管理などプログラムを行いながら、スタッフとの相談等を通して、働くために必要な準備を行うとともに、自分らしい働き方を一緒に探します。また、ハローワークへの同行などの求職活動、就職後の定着支援を行います。

●生活介護事業所まごころ

高齢や病気などによって食事や入浴、日中の活動について、介護や見守り、支援が必要な方に対し、個別やグループでの活動や余暇活動、生産活動を提供します。また、身体の筋力や機能を保つためのプログラムを行います。

●自立訓練(生活訓練)事業所あゆみ

自分らしい暮らしについて考え、そのために必要な力をつけるため、家事や金銭管理、健康管理、公共機関の利用などを経験することで、生活に必要な力を獲得または高めるための支援を行います。

地域活動支援センターかが

●地域活動支援センターⅠ型かが

創作的活動(箱折作業)や生活支援(グループでのクラブ活動、入浴、洗濯、食事提供など)、利用者が集える憩いの場の提供、日々の生活に関する相談支援を行います。

相談支援事業所かが(自立生活援助事業)

●相談支援事業所かが(自立生活援助事業所)

ご本人の思い(希望、夢)を大切にし、障がいのある方やそのご家族などの生活全般について相談支援専門員が相談をお受けし、必要なサポートを行います。また、ご希望に応じて、社会資源の情報提供や障害福祉サービス等の利用の支援をします。

加賀市障がい者基幹相談センター

●加賀市障がい者基幹相談センター(加賀市委託事業)

障がいのある方が住み慣れた加賀市という地域で、安心した生活が送られるよう、加賀市役所や市内にある6か所の相談支援事業所と共に、総合的・専門的な相談支援を行い、また質の高い相談支援体制等を築いていけるよう取り組みます。

共同生活援助事業所ひだまり

●共同生活援助事業所ひだまり

住まいの場を提供するとともに、家事や日中の過ごし方、健康管理など生活全般について必要な支援を行います。

認知症対応型共同生活介護
グループホームいろり

●認知症対応型共同生活介護グループホームいろり

認知症になっても、これまでの暮らし方をつなぎつつ、その人らしく生きがいのある暮らしが実現できるよう支援を行います。

苦情受付について

 当施設では、社会福祉法第82条の規定により、適切に対応する体制を整えています。
 当施設のサービスに不満のある場合は、苦情申し出窓口に面接・電話・書面等で申し出てください。直接施設職員に言いにくい場合などには、第三者委員、加賀市障害者虐待防止センター、石川県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員に申し出ることが出来ます。連絡先に関しましては、施設内の掲示物をご参照ください。

個人情報保護に対する基本方針
当施設が扱う個人情報の重要性を認識し、その適切な保護の為に、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報保護に関する法令その他の関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、利用者の個人情報の保護を図ることを宣言いたします。

ページトップへ